心臓の活動を和らげる高血圧治療薬「メインテート」

メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の効能で、交感神経から放出された心臓の拍動を促す神経伝達物質が心臓の受容体に届くのを阻害して心拍を抑え、血圧上昇を防ぐ降圧剤です。
ベータブロッカーことβ遮断薬のグループに属するメインテートは、いくつかあるβ受容体の中でも心臓に存在するβ1受容体だけをブロックします。
気管支のβ2受容体には影響を及ぼしにくいため副作用が極力抑えられ、心臓への効果がより高くなっていることから心臓選択性のβ遮断薬と呼ばれています。
ぜんそくの発作を誘発させにくい降圧剤ということで、呼吸器に不安がある人の高血圧治療にも使われています。

メインテートのように心拍数が上がるのを抑えるタイプの降圧剤は、効果的に心臓を休ませることが可能です。
そのため脈拍が早過ぎる状態の頻脈によって弱い拍動が繰り返されて血液が十分に送られなくなる不整脈や、心拍数上昇で発作が生じやすくなる狭心症の発作予防などにも使われています。
メインテートは効き目が24時間持続するようビソプロロールフマル酸塩が配合されていることから1日1回の服用で済む利点もあり、高血圧症や狭心症では約70パーセント以上の改善率がみられたと言われるほどの有効性の高さが何よりの魅力となっています。

メインテートは効果的に心拍数を減少させられる薬ということで、効果が強く出た場合に心配されるのが脈が遅くなる徐脈です。
徐脈が生じて脈拍が減少してしまい血液循環が滞りがちになると身体の隅々に酸素が行き渡らなくなって、息苦しさやめまいといった副作用が出てしまうことがあるため用法用量を厳守した服用が大切です。
重い心臓病のある人や妊娠中の人はメインテートの服用は不可とされ、気管支に影響しにくいとは言えぜんそくなど呼吸器系疾患のある人も注意が必要です。
ベータブロッカーに限らず降圧剤には飲み合わせに注意すべき薬の種類が多いため、他の持病の薬を医師に伝えることはもちろん、市販薬を利用する際も医師や薬剤師に確認してから服用することで副作用を減らすことに繋げられます。

慢性心不全の方は副作用に要注意!

ビソプロロールフマル酸塩の働きで心拍数を抑えて効果的な降圧作用をもたらすメインテートは、従来は心不全の人には禁忌とされてきた薬です。
添付文書の記載には虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全ではメインテートの使用が可となっており、一部の慢性心不全に対して有効と考えられるようになってきました。
とは言え慢性心不全の患者に使用する際は、慢性心不全治療の経験が十分にある医師のもとで使用することといった警告がなされており、非常に慎重な投与が必要であることがわかります。

警告ではほかにメインテートを慢性心不全患者に使用する場合には、投与初期および増量時に症状が悪化することに注意して慎重に用量調節を行うこととされており、投与量の調節には細心の注意が必要とされています。
心不全の患者の場合は初期のメインテート投与時や増量した際に、心不全の悪化やむくみ、めまいや低血圧のほか徐脈や血糖値の変動や体重増加といった副作用が生じやすくなると言われます。

慢性心不全の場合はメインテートの投与を急に中止することによって症状が悪化してしまうケースがあると言われることから、急な中止ではなく徐々に投与量を減らしていくことが重視されています。
高血圧治療や狭心症の発作予防には非常に優れた効果効能を持つメインテートです。
慢性心不全の治療に関しては、メインテートを使った臨床試験で57パーセントの確率で副作用が生じたという報告があり、心不全という重篤な副作用の発症確率も7パーセントとされています。
メインテートを慢性心不全の治療に有効かつ安全に役立てるには、経験豊富な医師による治療を受けることが大切です。
治療を受ける側も薬の用法用量を厳密に守り、検査や診察をしっかり受けてわずかな異変も見逃さず医師に伝えて副作用の発症を未然に防ぐ必要があります。