安全性が高い高血圧治療薬「ノルバスク」

ノルバスクは高血圧症治療の第一選択薬であるカルシウム拮抗薬という系統に属する降圧剤で、有効成分アムロジピンベシル酸塩の効能で、血管を拡張させて血圧上昇を抑制します。
第一選択薬はその病気に対する優れた効果効能を持つだけでなく、副作用が少ないといった安全性の高さからも選ばれています。
ノルバスクは第一選択薬カルシウム拮抗薬の中でも処方数が一番多い降圧剤とされ、確かな効果と安全性で多くの人の高血圧症治療に役立てられています。

ノルバスクが属するカルシウム拮抗薬は、カルシウムの作用で血管が収縮するのを抑えることで血管を広げ降圧作用をもたらします。
ノルバスクの場合は有効成分アムロジピンベシル酸塩が血管の平滑筋にあるカルシウムチャネルと呼ばれるカルシウム流入口に作用し、カルシウムが流入して平滑筋が縮むのを阻害することで血管が収縮するのを防ぎます。
血管に特化して作用することから他の器官に影響を及ぼしにくい薬効のため副作用が抑えられる降圧剤になっています。

ノルバスクは安全で効果が高いカルシウム拮抗薬の中でも、第一世代と呼ばれる初期の薬から改良され、さらに安全性が高められた第三世代に属しています。
カルシウムチャネルにはL型・T型・N型という3つがあります。
ノルバスクは血管平滑筋や心筋に存在しているL型を選択して作用することから、心臓や神経に関係するT型やN型のカルシウムチャネルには影響を及ぼしにくく、高血圧の症状のみ効果的に緩和することで副作用の恐れを低減させました。

ノルバスクは効き目が長続きすることで定評があるカルシウム拮抗薬の中でも特に作用時間が長いことでも重宝されており、1日1回の投与で24時間効果が持続し血圧が上がる症状を抑えます。
副作用が少ないノルバスクですが、高血圧治療薬はいずれも医師から高血圧症と診断され処方箋を出してもらわなくては購入できません。
安全性が高いノルバスクですが副作用が皆無ではないため、医師の指示をしっかり守って正しく服用する必要があります。

重篤な副作用が少ない高血圧の標準的な治療薬

ノルバスクは優れた降圧作用を持つアムロジピンベシル酸塩の働きで、高血圧治療の第一選択薬とされるカルシウム拮抗薬の中でも特に効き目に優れ安全性が高い薬として定評があります。
第一選択薬はその病気に対して最初に投与すべき薬とされ、効果の高さと共に副作用が起こる心配が少ないことが重視されて選ばれます。
第二選択薬は第一選択薬投与後に効果が見られなかった場合に、副作用よりも効果優先で選ばれるため、カルシウム拮抗薬は特に副作用が少ない高血圧症治療薬と言えます。

カルシウム拮抗薬第一世代からの問題点が改良されて誕生した第三世代のノルバスクはファイザー製薬から発売されています。
英国ファイザー社中央研究所で開発されたノルバスクの有効成分アムロジピンベシル酸塩は、日本で1986年から高血圧症や狭心症に対する臨床試験が行われて1日1回の投与で優れた効能を持つことが認められ、1993年10月に承認されて同じ年の12月に販売されるようになりました。
以来、重い副作用が起こりにくい効果的な高血圧治療薬として多くの患者に投与されています。

血管のほか冠動脈も拡張させる作用を持つノルバスクは狭心症の治療薬としても有効とされています。
長い時間をかけてゆっくり作用するタイプの薬であるため急性期の狭心症発作には不向きと言われ、主に狭心症の発作を予防する薬として有効性を発揮します。
血管平滑筋や心筋のL型カルシウムチャネルに選択的に作用するノルバスクですが、医師の慎重な処方で高血圧や狭心症の治療により良い効果をもたらします。

人気が高いノルバスクはファイザー製薬以外の多くの製薬会社から同じアムロジピンベシル酸塩を有効成分としたジェネリック医薬品が発売されていますが、いずれも処方箋が無ければ薬局で購入できない薬です。
個人輸入代行ショップから購入した際は、用法用量や注意事項を厳守して、ほかの薬との飲み合わせなど疑問がある場合、医師や薬剤師に相談する必要があります。